コンビニマニアのブログ

コンビニ情報や気になった情報をいろいろなジャンルから集めて載せています。


    こんにちは! ホリスティック栄養コンサルタントfumiです。忙しく働くママとご家族の健康のために、簡単、ヘルシーな「あともう1品!のヘルシー小皿」を提案してゆきたいと思います。
    今回は、長い冬の終わりを感じられる春野菜の小鉢をご紹介します。忙しく働く毎日、食事の用意は本当に大変!でも、ご家族の健康のためにもいろんな野菜を食卓に取り入れたいですよね。そんな時、特別目新しいものではないけれど、チャチャっと簡単に作れて季節感のある小鉢です。

    新タマネギのツナ缶和え

    【材料】(2人分)
    タマネギ 小さめ1個
    ディル 2株
    A:ツナ缶(水煮缶) 1缶
    A:塩  ひとつまみ
    A:醤油 小さじ1
    A:ごま油 小さじ1/2
    A:ケーパー (あれば)少々

    【作り方】

    1. タマネギは、繊維を断ち切る方向に薄くスライスして軽く水にさらしたら、ザルにとって水気を切り、キッチンペーパーで余分な水分をざっくり取る。
    2. Aの材料を混ぜ合わせ、タマネギを和える。
    3. ディルの葉の部分をちぎって全体に散らす。

    タマネギは柔らかくて甘味があって、生のままでも美味しいですね! うちの姪っ子が幼いころに「一番好きな食べ物はなあに?」と聞いたら「タマネギのスライスしたやつ!」と言ったくらいです(笑)

    タマネギの辛味や匂いの成分であるアリシンは、糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB1の吸収を高めるため、疲労回復に役立ちます。豚肉や玄米、たらこ、焼き海苔など、ビタミンB1を多く含む食品と一緒に是非。

    菜の花とちくわのピリ辛豆板醤和え

    【材料】(2人分)
    菜花 1/2束(100g)
    ちくわ 1本
    A: 醤油 小さじ2
    A: みりん 小さじ1
    A: ごま油 小さじ1
    A: キビトウ 小さじ1
    A: 豆板醤 少々 (お好み)

    【作り方】

    1. 菜の花は5分ほど水にさらしてから、塩を加えたたっぷりのお湯で茹で、緑色が鮮やかになったら素早く冷水にとって水気を絞り、食べやすい長さに切る。
    2. ちくわは薄い輪切りにする。
    3. Aの材料を混ぜ合わせ、菜の花ちくわと和える。

    菜の花はその深い緑とほろ苦さに癒される春野菜です。100gあたりのビタミンC含有量は110mgとレモン以上!私たちの細胞を酸化(老化)から守ってくれて、風邪や生活習慣病の予防、美肌効果が期待出来ます。

    ビタミンCは水に溶けやすく熱にも弱いので、茹で時間はごく短く、が大切です。

    たけのこのバター炒め青のり和え

    【材料】(2人分)
    茹でたけのこ 100g
    バター 10g
    醤油 小さじ1+1/2
    みりん 小さじ1/2
    青のり 小さじ1
    唐辛子(あれば) お好みで

    【作り方】

    1. たけのこは穂先は縦に、それ以外は繊維を断ち切る方向に、食べやすい大きさに切る。
    2. フライパンバターを溶かし(焦げないよう中火で)、たけのこを入れてソテーするように炒める。
    3. たけのここんがり色がついたら火を止め、醤油とみりんをまわしかけて混ぜ、青のりをまぶす。お好みで糸唐辛子を散らす。

    採りたて新鮮なたけのこをじっくり茹でて頂く美味しさは格別ですが、それにはかなりの時間が必要なので、今回は市販の茹でたけのこを使いました。

    たけのこには不溶性食物繊維が豊富に含まれます。不溶性食物繊維を人間は消化できませんが、腸内で水分を抱えて大きくなり、腸のぜんどう運動を促進するため便秘改善に役立ちます。とはいえ、たけのこは何よりもそのシャキシャキの歯ざわりと香ばしさが最大の魅力ですよね!

    春キャベツと桜エビの酒蒸し

    【材料】(2人分)
    春キャベツ 1/4個
    桜エビ 5g
    塩麹 大さじ1
    料理用酒 大さじ2

    【作り方】

    1. キャベツはざく切りにし、1分ほど水にさらしたら、ザルにあげて水を切る。
    2. フライパンキャベツを入れ、塩麹を加えて手でザクザク混ぜたら平らに広げ、桜エビをパラパラっとかける。
    3. 料理酒をまわしかけ、蓋をして中火で蒸す。ふたから蒸気が出てきたらざっくりかき混ぜて器に盛る。

    春キャベツの美味しい季節がやってきました! 柔らかくて甘味のある春キャベツサラダなど生で食べるのに適していますが、少しだけ加熱することでたくさんの量を食べることができます。でも、その持ち味を生かすために蒸し時間はごく短時間で。

    キャベツには、ガン予防効果が期待されているイソチオシアネートなどの成分や、胃腸の粘膜を守るビタミンU(キャベジン)、骨粗しょう症を予防するビタミンKなど、様々な栄養素が含まれています。春キャベツは生食で美味しいので、熱に弱い栄養素も上手に摂れますね。

    アスパラガスの明太子和え

    【材料】(2人分)
    アスパラガス 3本
    A 明太子(できれば無着色のもの) ほぐしたもの 大さじ1+1/2
    A 醤油 小さじ1
    A オリーブオイル 小さじ1

    【作り方】

    1. アスパラガスは下の硬い部分を手でポキッっと折り取り、下5センチほどの皮をピーラーでむいておく。
    2. フライパンアスパラガスを入れ、水大さじ3の水を入れる。塩ひとつまみ(分量外)をパラパラっとふりかけたら蓋をし、弱めの中火で1分ほど蒸し茹でにし(焦げないよう注意)、ザルにとって冷ましたら食べやすい大きさに切る。
    3. Aの材料を混ぜ合わせ、アスパラガスを和える。

    みずみずしくて香ばしい香りのアスパラさん。私も大好きです!アスパラガスは劣化が早いので、私は、水を少し入れたコップにお花のように挿して軽くキッチンペーパーで包み、冷蔵庫の牛乳などを入れる棚に入れて保存しています。正しい方法かは不明ですが、みずみずしく元気に長持ちしますよ。

    ホリスティック栄養学的ワンポイントアドバイス

    今回のテーマは「よく噛む」です。子供の頃から何度も「よく噛んで食べなさい」と言われてきたと思いますが、出来ていますか? 正直私はあまり出来ていませんでした。「何を食べるか」は大切なことですが、もっと大切なことは「食べたものをいかに消化し、吸収できるか」です。

    せっかく良いものを食べても、吸収されなければ無駄になってしまうだけでなく、未消化の食物は腸の中で腐敗して有害ガスを発生させたりして腸壁を傷つけ、そこから有害物質が体内に入ってしまうとアレルギーや様々な病気の原因になるリスクがあるのです。

    よく噛むことで唾液がたくさん出ると、その刺激で消化液が十分に分泌されます。よく噛む、という簡単なことが病気の予防につながるんですね!

    また、よく噛むことはお子様のあごの発達にも、お年寄りの場合は認知症の予防にも役立つそうです。ハンバーグカレーライスパスタなど、子供が好きな食べ物は柔らかいものが多いですよね。是非、歯ごたえのある野菜の1皿を毎日の食卓に取り入れてみてくださいね

    (参考図書)
    「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店)
    「内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 春夏」(メディアファクトリー
    「からだにやさしい旬の食材 野菜の本」(講談社

    <ホリスティック栄養学とは>

    「体・心・精神」という、人間丸ごとを考える栄養学です。「ホリスティック」の語源はギリシャ語の「ホロス(Holos)」で「全体」を意味します。ホリスティック栄養学は、個々の栄養素の働きだけではなく、酵素栄養学や量子物理学を取り入れて、個人の体質や考え方、ライフスタイルを含めた「その人まるごと」の健康を考えます。
    (米国NTI(Nutrition Therapy Institute) は、米国コロラド州上級教育省から認定されている教育機関です。)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【春野菜のヘルシー小鉢5選!あっという間にできちゃう【レシピ付き】】の続きを読む


    株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『からだの中からどんどん元気になる 舌トレ(ベロトレ)』(今井一彰/著)https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761274016 を2019年3月18日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

    ◆舌は、ほぼ筋肉。しかも重さは分厚いステーキ1枚分!


    口の中にある舌について、深く考えたことがありますか?
    何気なく存在しているこの舌は、実は人間の健康に深く関係しているんです。舌は「呼吸する」「食べる」「話す」という人間が生きるために不可欠な3つの活動を支えています。
    ほぼ筋肉でできている舌は、見えていない根元部分が大きく、重さはなんと約200グラム。分厚いステーキ1枚分と考えると、結構な重さです。

    しかし、根元が舌骨についているだけで、そこから先は支えがないため、筋力が弱ってくるとだら~んと垂れ下がった「落ちベロ」になるのです。健康な状態のときの舌は、グーンと上がり上あごにべったり沿っていて、正しい位置にあります。しかし、「落ちベロ」になると、「全身の筋力の低下」と「口呼吸になって病気を招く」ことにより、様々な弊害を生む危険性があるのです。

    そんな大切な舌を鍛えて健康に保つのが、「舌トレ(ベロトレ)」です。やり方は実に簡単で、「あ」「い」「う」と口を大きく動かした後「ベー」と舌を3回思い切り下に伸ばすだけ。これを1セットとし、1日に30セットを目安に行うことで、舌の筋肉を鍛えることができます。

    さらに本書では、舌筋をさらに強化する「ベロ回し&ベロ押し」や、顔の表情筋も動かしてタルミを撃退する「変顔ベロトレ」、外出先やオフィスできる「こっそり舌トレ」なども紹介。二重あご、ほうれい線、肌の色ツヤなどが気になる人にもオススメです。



    ◆冒険家・三浦雄一郎さんも推薦!ベロトレで認知症糖尿病脳梗塞心筋梗塞などを予防できる!
    ベロトレで舌を鍛え、舌と全身の筋力を保ち、口呼吸を防止することで、さまざまな病気のリスクを低下させることができます。その一部を紹介しましょう。
    本書では、これらを解説文だけでなく、かわいらしいキャラクター「ベロくん」や「今井先生」などのほか、イラストや図解でわかりやすく紹介。
    身体や舌の構造とその作用を理解することによって、健康に関する意識もアップすること間違いありません。80歳で世界最高峰のエベレスト登頂を果たした冒険家の三浦雄一郎さんも長年、舌の体操をしています。舌を鍛えるベロトレで、いつまでも健康な身体を目指しましょう!

    【目次】
    第1章 舌が健康と幸せを支えている
    第2章 舌を鍛えると、悩んでいた症状が、みるみる改善!
    第3章 病気知らずになる! もっと舌力を上げる新習慣


    【著者プロフィール
    今井一彰 (いまいかずあき)
    みらいクリニック院長/内科医/東洋医学会漢方専門医/日本病巣疾患研究会副理事長
    「病気にならない体と一生歩ける足があれば、人生は幸せ」の考えのもと、「息育」と「足育」の「2つのそくいく」を提唱、「医師と薬に頼らないセルフケア」を目指している。
    「息育」では「病気は口からやってくる」という理論のもと、舌を鍛えて口呼吸を鼻呼吸に変えることで自然治癒力を高め、「足育」では「全身の痛みや不調は足指が原因」であることを発見し、足指から全身の健康を見直している。現在までに3万人を超える患者を診察してきた。
    舌を鍛えて鼻呼吸に戻す「ベロトレ」と、足指のゆがみを治す「足指のばし」は、誰でも簡単にできるセルフケアとして、全国500以上の保育園小学校、病院、介護施設ほか、熊本や北九州の災害避難所でも採用されている。
    著者のもとには、毎日「ステロイドなしで、アトピーが治った! 」「インフルエンザにかかる子どもが激減! 」「20年悩んだヘルニアが治った!」「寝たきりから歩けるようになって、海外旅行に行けた!」など、感謝と喜びの声が寄せられる。
    その取り組みは、「世界一受けたい授業」「名医のTHE太鼓判! 」「林修の今でしょ! 講座」「おはよう日本」「あさイチ」「ジョブチューン」「羽鳥慎一モーニングショー」「報道LIVEチャン! サタデー」などのテレビ番組をはじめ、ラジオ、新聞などで多数取り上げられている。

    【書誌情報】
    書名:『からだの中からどんどん元気になる 舌トレ(ベロトレ)』
    定価:1,296(税込)
    判型:A5判
    体裁:並製
    頁数:112
    ISBN:978-4-7612-7401-6
    発行日:2019年3月18日

    【書籍のご購入はこちら】
    Amazon https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761274018/kankidirect-22/
    楽天   https://books.rakuten.co.jp/rb/15805850/

    配信元企業:株式会社かんき出版

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【舌はほぼ筋肉って知ってます?毎日簡単にできる「ベロトレ」で認知症や糖尿病、脳梗塞などを予防! ほうれい線や二重あごにお悩みの人にもオススメです】の続きを読む

    このページのトップヘ